漏電による感電を防ぐためには、雨漏り調査ですぐに対策

サーモグラフィーを用いた雨漏り調査で原因の特定

確かな結果がわかるサーモグラフィー調査~原因を突き止める~

精度の高いサーモグラフィー調査を依頼して、雨漏りの根本的な原因を早く突き止めて、雨漏りによる建物への被害を最小限にしましょう。

サーモグラフィー調査で漏水箇所を確認

雨漏りによる漏電箇所を探すために、専門業者では、サーモグラフィーを使って調査をします。サーモグラフィーを使用することにより、目視では発見することの出来ない、雨漏り、漏水の箇所を特定することが可能です。サーモグラフィーによる調査のメリットは、調査時に建物を傷つけることなく、水の通り道や侵入経路を発見し、工事費用を最小限に抑えることが出来るところです。

調査を行なう業者の声

温度差によって雨漏りの調査をするので、漏電の原因も特定出来ます。(雨漏り修理業者)

私たちの行なうサーモグラフィー調査は、高感度赤外線カメラで建物を撮影して調査する方法です。ある一定の気象条件のもと、リアルタイムで建物を同じ場所と同じ角度から赤外線カメラで撮影します。建材が同じものを使用している場合は、同じ温度を示しますが、極端な温度差がある場合には、その場所から雨漏りの原因を特定することが出来ます。

散水調査との併用で確実な調査結果が得られます。(雨漏り修理業者)

雨漏りの一般的な調査方法には、散水調査があります。雨漏りの原因と考えられる部分に水をかけてみて、雨漏りをしているかどうかを調査する方法です。散水調査は目視調査などに比べると時間と手間がかかりますが、高確率で原因を特定することが出来ます。お客様の水道水を使用することになりますが、原材料費はかかりません。赤外線サーモグラフィー調査は、散水調査の補助的な役割として使用されています。

雨漏りの調査は有資格者が行なう

雨漏りのサーモグラフィー調査は、雨漏り診断士が行ないます。雨漏り診断士とは、「 NPO法人雨漏り診断士協会」が主催している試験で、雨漏りと建築の幅広い知識が必要とされる雨漏り診断士認定試験に合格したものが取得出来る資格証です。雨漏り診断士の試験内容は、「雨漏り診断の実務・実例」 「雨仕舞いと防水の基礎知識」 「建築の施工、構造の基礎知識」となっています。建築の幅広い知識に精通していることが求められるため、とても難しい試験となっています。

TOPボタン